本日の釣果

サバ           30匹
マダラ           4匹

04/06/27 志津川町林漁港 釣果報告
本日は待ちに待ったライトジギングデビューです。
先週台風の影響で一週延期になったためかなり待ち遠しかったです。

知らない人のためにジギングの説明を・・・。
金属製のジグと呼ばれるルアーを使用する釣りで、海の三大ルアー釣り
ジギング、エギング、シーバスの一つです。
ジグの現在進行形でジギングというわけです。
キャストとは表層の魚を狙い投げること。バーチカルとは深い層の魚を狙い
海底へジグを落とすことです。どちらも尋常じゃない早さで竿をしゃくり、リールを巻くわけです。
で、軽いジグを使う物がライトジギングです。
ライトジギングで対象魚となるのはサバ、イナダ(ワラサ←ブリの小型の奴です)など。

今回のメンバーはおおはし氏、よーいち氏、やすひろ氏と私です。
船は塩竈からでる乗合船『こうりょう丸』です。
今回は9名で乗り合い(私達のグループの他に5名)。
上の写真が『こうりょう丸』です。厳密には奥の黄色い船で出たわけですが・・・。
出船前の談笑の図です。やすひろ氏はバックショット希望。
AM5:00出船です。かれこれ1時間ほど沖に出るそうです。
朝日がまぶしいです。右のシルエットはよーいち氏黄昏風景。

1時間ほど走った後、数回バーチカルで挑戦しましたがNG。
で船頭さんが変なことを言う。

「水温18℃でサバは不活性だな〜。沖に行ってタラでも狙うか!」

私たちのグループは内心
「サバ釣りに来たのに・・・。タラなんか釣りたくないよ〜」
と各自愚痴ってました。
しかも良く聞くと水深150m位へ200g程度のジグを落とすという。
ライトジギングのつもりだったので各自ラインキャパも200m程度。
持ち合わせのジグも150g程度です。

船頭さんは
「サバのタックルで大丈夫だぁ〜。ジグは100gを連結しなさい」

って事で下の写真の仕様でタラ釣り開始(100g×2個)。結構情けない・・・。
トータル3時間ほど沖に出て大陸棚と言う場所まで来ました。
で、Fireballマダラを釣るの巻きです。
よーいち氏しっかりカメラ目線・・・。
はっきり言って簡単に釣れた。
ボトムまで落として1m程度ジャークするとバイト有り。
フッキングしなくても再度落としてジャーク(繰り返し)
なんかカレイ釣りみたい。

大変なのはそれから。
フッキング後150m下から持ち上げてくるわけです。
とーぜんハイギヤのスピニングリールなので重い(×3)

私は比較的小型ですがおおはし氏は超大物を2本上げて
ついでに本人も音を上げてました。
グループのやすひろ氏はバーチカル用のセットでチャレンジしましたが
根掛かりのためラインポツン。タラ釣り終了。
あまりにもかわいそうなので私の上げたタラを差し上げました。
バイトは結構あるがフッキングしなかったり、オマツリ中にばれたりで
釣果はさほど上がらず。
午前中くらいがんばって終了。2時間ほどかけて本来の目的のサバを狙いに移動

結局最初は嫌がっていたメンバーですがしっかりタラ釣りの魅力にはまった。
私はライトジギングデビューのはずが、いきなりリアルバーチカルデビューとなりました。


サバは結局金華山沖に移動となりました。
私は無知のため知りませんでしたが、なにやら金華山沖で釣れるサバは
「金華サバ」と呼ばれ「関サバ」と並んでブランドサバだとか。
船頭曰く浜値で2000円/kgらしいです。結構高いですね。
サバも侮れません。

でここからは写真取ってる暇もなかったので写真一切なし。

金華山沖に移動するとすでに鳥山(ナブラ)が立っています。
ラッキーとばかりキャスト開始!
周りはみんな爆釣モードですが、私はさっぱり。
ルアーを数回チェンジし、ジャークスピードやジャークピッチを変えながら続けます。
周りに遅れながらもそれなりに釣れました。
キャストも水面ではさほどバイト無し。むしろ10〜15m程度へカーブフォールすると
バイト多発。
鳥山(ナブラ)が消えてバーチカルへ転換ですが、何しろ未経験。
私はさっぱり釣れません。で、ある時から何かのタイミングで釣れ始めました。
自分では何が起因したか不明ですが、おそらく『コツ』をつかんだと思います。
イメージ的にはキャストが好きなつもりでしたが、バーチカルは凄い。
ジャーク中のバイトなどはかなりスリリング。カウンターパンチを食らったかのような
強烈なあたりの後、走る走る。
未だかつてあのような強いひきは未経験。
シイラやマグロを狙ってる人は凄いと思う。
サバであの引きだからなぁ。肩の筋肉乳酸たまりまくりです。肩パンパン。
ジグにアシストフック前後2個付けてたのでダブルも数回有り。

しかし、よーく考えるとバイト&フックはかなりあったが、かなりの数をばらした。
初心者故の無茶巻きが原因かな?
ジグのテールにトリプルフック付ければバラシ率は減ると思うけど、釣った後の外し作業が
面倒なので、今後要検討。トリプルフックで手返しが早ければ最強だね。
でサバは結局30〜45cmが30匹。周りのみんなは1.5倍程度は釣ってたかな?
最初からサバ狙いで金華山沖に行ったらきっと80匹は行ってたと思う。

釣果報告へ戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO